入会案内

入会資格

 

映像(フイルム・VTR)に関する編集業務に携わる方であれば、どなたでも入会できます。

入会申し込み後、毎月行われる理事会により入会を承認されます。

 

※准会員

編集助手、理事会において准組合員と認められた者。

協会費半額の月々1,500円で入会できます。

入会承認後の手続き

 

入会金   一口10,000円以上

    賦課金2ヶ月以上

賦課金 (協会費)  月額3,000円

     准会員・月額1,500円

 

AV3カード作成のため、顔写真2枚(タテ 3 × ヨコ 2.5cm)をご用意下さい。

入金と写真の確認が完了すると入会となります。後日AV3カードをお渡しいたします。

主な特典

 

AV3カード( 映画館割引入場証 )の交付

映職連で発行する「映像三団体連絡会会員証(AV3カード)」の提示で、ほとんどの映画館が1,200円で利用できます。

 

「 映画人手帳 」の配布

スタッフ・スタジオ・映像関連会社の名簿付きの「映画人手帳」が配布されます。

 

研修員の推薦

“文化庁新進芸術家海外留学制度”( 海外 )に文化庁の推薦団体として指定されており、希望者を推薦しています。

 

 

日本アカデミー賞協会への推薦

希望者は優先的に入会できます。

年会費2万円、日本アカデミー賞協会員カードの提示で主要ロードショー館の入場が無料です。

 

JSE賞

編集者が選ぶ編集賞として「日本映画・テレビ編集協会賞」JSE賞を制定。

優れた技術、感性、創造性を活かした編集者を表彰します。

ご質問等は当協会事務局までお気軽にお問い合わせ下さい